『note』ブログ


プロフィール

トラストコーチングスクール認定コーチの田井淳哉です。
トラストコーチングスクール認定コーチの田井淳哉です。

高校卒業後、父の影響で柔道整復師を目指し専門学校に進学する。整骨院、鍼灸整骨院で治療技術を磨き、27歳で独立を果たす。

大阪市阿倍野区にて「純鍼灸整骨院」を開院し、学生時代を含めた述べ治療人数は3万人を軽く超える。

地域に根付いた治療を提供するも、環境と自身の従事者としての在り方に迷い、6年半続いた院を閉院する事になる。

 

その次の職場で、組織運営に関する問題は対人関係が多くの割合を占めている事を知る、その悩みのほとんどが、スタッフのモチベーションが低い、自発性が無い、スタッフ同士の仲が良く無いなどの「人」に関する事だった。

その時、人にフォーカスした「コーチングマネジメント」の本に出会い、「コーチング」に興味を持ち、それが転機となり数あるコーチングファームの中から最も魅力的に感じた『トラストコーチングスクール認定コーチ』の資格を取得する。

 

組織に対してコミュニケーションの質と量を改善する事を目的にコーチングを実施する事で、目的意識の向上や方向性の統一などの行動変化が起こり良い効果が現れた事で、より一層コーチングの重要性を感じる様になり、コーチングを様々な医療機関に広めたいと言う想いが強くなった為、現在はその経験を生かしビジネスコーチとして、主に医療機関(整骨院・鍼灸院・鍼灸整骨院・介護事業所)や教育機関にコーチング講座を提供している。

 

「医療と教育現場で起こる人間関係の悩みや不安を無くし風通しの良い現場を作る」事を理念とし、医療コーチングチームの一員としてもセミナーを行い活動している